マズカバンジー!(マラウイの共通語チェワ語で"How are you?")

必要なくなった本やおもちゃ、スポーツ用品などありませんか?
必要なくなった物を、必要ある人に届ける。

今日は、JICA主催の「
世界の笑顔のために」プログラムについてのお話!
 
私も実は以前紹介した幼稚園向けに物品募集中。
日本にいながら、 
ぜひ一緒に幼稚園を支援しませんか?

 


□「世界の笑顔のために」プログラムって?

image

「世界の笑顔のために」プログラムとは、私たち青年海外協力隊が一般の方からの寄贈品を現場に届けるプログラム。

 

開発途上国で必要とされている、スポーツ、日本文化、教育、福祉などの様々な物品が対象。

世界各地で活動中のJICAボランティアを通じて、物品を必要としている現地の人々へ届けます。

 

思い出のつまったもの、使わないけどまだ綺麗で捨てるのにはもったいないもの。

 

例えば、子供のころ遊んだサッカーボールや野球のバット授業で使った鍵盤ハーモニカやリコーダー

 

そんな物品を、途上国で今まさに必要としている人々につかってもらう。

私たち青年海外協力隊が、橋渡しとなり日本と途上国を繋げるプログラムです。

 

募集は年に2回。募集時期の目安は第1回が4月上旬から5月中旬、第2回が10月上旬から11月中旬。

現在募集中です!
  
参加申込期間:2016年10月3日(月)~11月9日(水)

 
くわしくはこちら〜!

Smile for All in the World”あなたのやさしさを世界へ 「世界の笑顔のために」プログラム

 

募集している物品は、
・音楽用品
・スポーツ用品
・教材
・書籍
・おもちゃ(伝統玩具など)
・医療用具   などなど

リストになっているので、チェックしてみてくださいね♫
 2016年度秋募集「世界の笑顔のために」プログラム 【 募集物品一覧 】

 

 
どんなところに、あなたの必要なくなった思い出の品が届くのか。

一例(としてはおこがましいですが),私が支援する先の幼稚園を紹介します! 

現在、このプログラムで、マラウイの幼稚園と図書館を支援しようと計画中です。

 

 

マラウイの幼稚園と図書館


image

マラウイのコタコタ県ンパマンタ村の幼稚園。

地方都市コタコタ県の中心から、さらに20Km離れた所にある田舎にあります。

 

幼稚園は村の有志の若者で構成される、Youth Organaizaionが運営しています。

定期収入が少ない貧しい村人が自身でお金を出し合い運営しているので、基本資金はありません。

 

校舎は茅葺屋根、床もなし。

村人地震で作った小屋なのでボロボロで、雨風も防げません。

天候が悪ければ、授業は中止。

image


校舎がそんな様子なので、もちろん遊具やおもちゃ、絵本は一つもありません。

子供達はものを使わない遊びと歌で、英語を学んでいます。

 



英語を学ぶ子供達

 

 

 

 

また、この村には図書館が一つもなく、本屋もほとんどありません。

本に触れ合う機会が、この村に人は極端に少ないんです。

 

そんな中、Vision of Youth Organizationメンバーは幼稚園の中に、

図書館を作ろうと奮闘しています。

image
 

 

詳しくは、以下の記事!

 アフリカ・マラウイ 農村の幼稚園プロジェクト! ー幼稚園運営に翻弄する若者たちー

 

 

そんな彼らの幼稚園・図書館の取り組みを応援するためプロジェクトに参加しています。

 

 

□「世界の笑顔のために」プログラムでどうやって幼稚園を支援するの?
 
プログラムを通じて、幼稚園・図書館に3つのものを募集中です。
幼稚園を運営するVision of Youth Organizationのリーダーから「これどうにかならない?」と言われ、
検討して3つのものを募集することになりました。
 

私のところ以外でも世界中で物資を募集しているので、気が向いたらぜひプロジェクトに参加してもらえると嬉しいです!


 

スポーツ用品

image

・サッカーボール

マラウイの国民スポーツはサッカーですが、サッカーボールの普及率はとても低いです。

子供達は布を丸めて作ったボールでサッカーを練習していますが、布製のため質は悪い。。
 

サッカーボールがあれば、本格的に練習をすることができます!
 

 

・なわとび

首都など都市ではなわとびは売っているのですが、高額であるため幼稚園では買えません。

子供達は布ひもをつかってなわとびをしていますが、

布製であるため、上手く飛べない子が多いです。

 

なわとびがあれば、サッカーボール同様に、子供達の身体能力向上を促進できます。

 

 

学習用具

image

・フリップチャート
(黒板)

資金不足のため、幼稚園には。子供たちにアルファベトを教える際に使うフリップチャート(黒板)がありません。

子供たちはアルファベットや英語を歌を通して音で学んでいますが、黒板がないためアルファベットを見て覚える機会は少ないのが問題となっています。

フリップチャートがあれば、子供たちが文字を見る機会が増え、識字率向上につながります。

 

image

・英語表記のついた絵本

・英語表記のついた紙芝居

・英語表記のついた漫画

 

図書館に設置する本を募集中です。

現在、Vision of Youth OrganizationメンバーはNGOなどを通じて図書館用の本を集めていますが、

子供用の本が不十分で、困っています。

絵本や紙芝居があれば、子供達が物語を通じて新しい世界を知ることができます。

また、マラウイでほとんど流通していない漫画があれば、日本の文化を知ってもらう機会にもなります。





私の任地でのご紹介になってしまいましたが、
他にも世界中で、必要なくなったものを募集中です!

日本では古いものでも、途上国ではそれは「とっておきの特別なもの」に代わるかもしれません。
 あなたのサッカーボールで練習して、サッカー選手になっちゃう人もいるかもしれません。

ぜひ気が向いたら 、プログラムのページを読んでみてください♫

詳しくはこちら〜!

Smile for All in the World”あなたのやさしさを世界へ 「世界の笑顔のために」プログラム



青年海外協力隊ブログ村  参加中!  

気に入った方は、1クリック頂けると泣いて喜びます。

世界中で活動する青年海外協力隊員のブログが、気になる方はこちら!

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ 




 

 

SPONSORED LINK

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット