無題
マズカバンジー!(マラウイの共通語チェワ語で" How are you?" )


アフリカはもちろん、アジア・中南米なども含め、途上国での仕事は大変とよく聞きませんか?
  
「なんで、こんなに新興国・途上国とのビジネスは上手くいかないの?」
   
「書類を送るだけなのに、なんでこんなに時間がかかるの?」


効率悪くなる理由は、ずはりインフラと国民性。(だと思ってます)


どう効率が悪いのか、なぜ効率が悪くなるのか。

そこで今日は、ある一日の活動から、途上国で働く大変さをまとめてみます!


□ある非効率な一日
先週の午後、笑っちゃうくらい仕事の効率悪かったときがありました。

その日、やるべきタスクは3つ。 


①JICA提出の書類印刷
  午前に急にきて、JICA提出なので何とか終わらせたいタスク

②村人の銀行口座開設のアシスタントをすること
  前の日の夜、急に同僚から電話がかかってきて頼まれたタスク

 そもそも同僚がいないと自分だけじゃできない
 電話で「私わからないんだけど」と同僚に伝えたけど、「頑張って」といわれてしまった

③14時から村に行くこと
 朝、オフィスに行ったときに上司から「今日は村行くからね」と聞いた
                       


マラウイでは突然仕事が来るのがしょっちゅう。

前から予約していたのに、お葬式や悪天候、その他諸々の理由でなくなったり。
かと思えば、当日急にお偉いさんが来ることが決まったり。

1週間前に予定なんか、たてられるはずありません。

3つの予定も例外ではなく、前日や当日に入ってきたのでした。


仕事がたくさんあるとき、日本では優先順位を考慮して計画を立てることが大事ですよね。


ということで日本のやり方で、優先順位を考え、全部やるため早めにお昼を切り上げることにしました。


お昼をかき込み、まず①JICA提出の書類を印刷しにオフィスへ行くことに。

家から歩いて10分、暑い日差しの中を歩いてオフィスに到着。
しかし、なんとタイミング悪く停電!
(もしかしたらオフィスの電気代がチャージされてなかっただけかも)

印刷はできず・・・

ちょっとへこたれましたが、これくらいで動揺してはいけない。
1年マラウイで生活して学びました。

早々に印刷は諦めて、②村人に会うことにしました。


□焦ってくれない村人
お昼前に聞いた話では、村人たちは村から町にバスで向かっているとのこと。

14時から村に行くので、空いている時間が1時間半くらいしかないため、少し焦ってました。

とりあえず、村人に電話。


 村人:「町に着いたけどレストランでお昼食べてるから、もうちょっとしたらオフィスいくよ」

 私:「さっきも言ったけど、わたし14時から村行くから急いでるんだ。私がそっちいこうか?」

 村人:「ん~別にいいよ!ちょっと待って。お昼食べたらすぐ行くね」

 私:(ええ?村行くから待てないんだけど…まあどうせ上司も遅れてくるからいいか)


村人に次の予定があって焦っていることを伝えたのですが、うまく理解してもらえません。

焦りが伝わらないのは、感覚の違いの問題なのか・・。

しょうがないので、オフィスで村人がご飯を食べ終わるのを待つことにしました。


□事前に言ってほしいよ
オフィスで村人を待ってると、一緒に村に行く予定の上司から電話が。

このとき、上司と村に行く約束をしていた時間の10分前でした。


 上司:「村にはバイクで行くから、オフィスにバイク乗ってきてね」

 私:(えー!直前に言うなよ〜。バイク家に置いてきちゃったよ・・・)
  

文句を言っていてもしょうがないので、もう一度バイクを取りに家へ。


バイクに乗るために、再度服を着替え。
バイクのコンディションをチェックして。

バイクでオフィスに向かいました。


こんな風に、直前の急な連絡はしょっちゅうあります。
前もって言ってくれたら準備できたものが、直前なので対応できない。

仕事を予想し事前に準備する、って意識があまりないのかもしれません。
 (全てがゆっくりで、誰も怒らないので。)



ちょっとイライラしながら、オフィスに到着。

この日はラッキー。
再び着いたところで、タイミングよく②の村人がちょうどオフィスに来ました。
他のオフィサーに協力してもらって、銀行口座開設を説明。
無事、②の仕事が終了!


そして、この時、またまたタイミングよく電気が復旧。
(半日以上、復旧しないこともよくあります)
無事、①書類印刷も完了!




全ては偶然。
計画性、なんて言葉は皆無。

むしろ自分が計画を持って行動していたら、損してイライラしちゃう。

多くのことは偶然が重なってうまくいきます。


□あるべきものがない不便さ
無事2つのタスクが終わった後、
すっきりして③上司が来てバイクで一緒に村へ…

 私:(①も②もうまくタスク完了したし、あとは③だけだ~!
     いろいろあったけど、全部できそうでよかったな)

 上司:「よし村行こう!でも、その前にガソリンがないからガソリンスタンド寄らせてね」


一緒にバイクで村に向かう前に、上司はガソリンがないといい、一緒にガソリンスタンドへ。

だけど、ガソリンスタンドになぜかガソリンがない

2つめのガソリンスタンドに行きましたが、そこにも何故かガソリンがない・・・


 私:(ガソリンスタンドなのに、ガソリンがないってナンデ?)

私の任地は小さくてガソリンスタンドが2軒しかありません。
つまり、その時点でガソリンを入手する手段がない・・

   上司:「ガソリンがないと村に行けないね・・。今日はあきらめよう。」

結局、燃料を補給できず。足がないので村に行く事は諦めざるを得ませんでした。


ということで、2時に村に行くために①と②の予定を焦って終わらせたわけですが、
なぜか、村行きは中止。全然予定になかったワークショップに参加する事になりましたとさ
(ワークショップの間、すこしイライラしてました・・笑)


こんな感じで、毎日働いています。

無駄にオフィスと家を往復したり。
無駄に着替えたり、荷物もってっちゃったり。
無駄にお昼を早く食べたり。
無駄に焦ったり。


むだむだむだが多い・・・ 



一日を振り返ってみると、
 ・停電やガソリンなどの基本的インフラの不十分さ
 ・マラウイ人のおおらかな(てきとうな)国民性

この2つのせいで、仕事が非効率になっています。




インフラが不安定だから、マラウイ人が効率的に働けないのは、しょうがないといえばしょうがない。

でも、マラウイ人が効率的に働かないから、
ガソリンがうまく運ばれずガソリンがなかったり、道路は壊れても直されなくて物流が悪くなったり、
彼らの働き方がてきとうなので、インフラもてきとうになる面は少なからずあると思います。


例えば、数か月前大雨で道路が崩れたんですが、ずっと直されず放置されています。
このせいで任地への物流網が悪くなり、牛乳などの品物が届きにくくなっているんです。

IMG_3033
壊れた幹線道路

直さないのは予算がないからなのか。
テキトウでどうでもいいと思っているのか。


要は、不安定なインフラとマラウイ人のてきとうな働き方の悪循環。




途上国のビジネスで大変なのは、相手に生産性を求めることができないこと。

日本の生産性を追求する忙しい働き方とは全く違う、他の次元でマラウイの社会は動いています。


お昼早めたのに…とか色々モヤモヤするけど、イライラしても本当しょうがない。

誰かに不満を言ってみても、日本の働き方を知らないマラウイ人には理解してもらいにくい。




途上国で働く、また途上国とのビジネスでたやり取りする人は、一度効率性を忘れるべし!

計画通りうまく行くことなんて滅多にないし、現地目線でノラリクラリがちょうど良いかもしれないです。
実際は日本と途上国のはざまに挟まれて、大変だと思いますけど・・!




途上国で働く大変さをもっと知りたい方はこちら!(途上国で働くってどんな感じ?-協力隊の職場を紹介します!-)




青年海外協力隊ブログ村  参加中!  

気に入った方は、1クリック頂けると泣いて喜びます。

世界中で活動する青年海外協力隊員のブログが、気になる方はこちら!

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ                

SPONSORED LINK
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット