IMG_4395

はろー!マズカバンジー!
イギリス大学院で勉強中のさちこです。

専攻が「ビジネスを使った途上国開発」という事もあって、ソーシャルビジネスに関心あるんですが、

ヨーロッパは日本に比べて、ソーシャルビジネスが発展してる!😳

ってめっちゃ思います。人々の意識の差なのかな〜。

なので、ヨーロッパにいて発見したソーシャルビジネスをご紹介してくコーナーやります!

今日は、欧州で流行ってる「Too Good To Go」 を紹介したい!

□お客にも店にも環境にもWin フードロスを減らすしくみ

FullSizeRender

世界で生産される食べ物の、なんと1/3が食べ残しになってます。

食べ物をロスするということは、時間も水もお金も無駄にしてるということ。
プラスCO2増加にも関わってます。


そんな問題を解決しようと立ち上がったのが、デンマーク発の「Too Good To Go」という会社。(https://toogoodtogo.co.uk/en-gb)


食べ残りを売り切りたいお店と、ご飯を安く買いたい消費者を繋げるサービスを展開してるんです!


これ、驚いたのが、めっちゃお得にご飯が買えること!w

なんと約400-700円で、人気のカフェやレストランのその日の売れ残り2-3人分のご飯がもらえる。

売れ残りといっても、その日の売る予定だった分から、食べ物のクオリティは通常の物と一緒。


サービスの使い方は簡単。

⑴専用アプリで時間と場所を入れ、めぼしいカフェorレストランを見つける。
IMG_4423

⑵気に入ったカフェorレストランのチケットを400-700円くらいで購入!
IMG_4419

⑶自分が選んだ時間にレストランにGo
IMG_4363

⑷残り物が通常の3倍以上もらえる😋 (何が欲しいか自分で選べるケースも多い)
FullSizeRender
 ※Too Good To GoのHP参照

今日は548円で、おしゃれカフェのサンドイッチ&パン6つ(2500円相当)買えました✨サンドイッチめちゃ美味しかった🤤
IMG_4416

消費者は安くおいしいご飯買えるし、
レストランは残り物を売れるし、
フードロスが減らせて環境にも良い。

まさにWin×Win×Win!
なんで今までなかったんだろうってくらい単純な理屈。

すでにヨーロッパ8カ国で広がってるサービス。

日本でも絶対流行る気がします。
しかも実現はそんなに難しくなさそう。

アプリ登録するレストランを増やせるかが鍵なのかも。


レストランへの売り込みポイントとしては、
  (1)売れ残りを減らして儲けられる
  (2)水も生産時間も生産コストも節約できる
  (3)新しいお客を呼び込める
 ※Too Good To GoのHP参照



Too Good To Go
https://toogoodtogo.co.uk/en-gb



そして!
いただいた情報ですが、日本にも似たようなサービスがあるみたいです。


1) Tabete
廃棄の危機にある食事を手軽にレスキューできるWebプラットフォーム“

→これみたら分かりやすいかも!
   NHK おはよう日本 「食品ロス Webでつないで減らす」

2)ReduceGo
“周辺の過剰食品を月額制でテイクアウト“
”現在東京都23区内に対応(2018年10月時点)“




日本でもヨーロッパみたいに広がっていったらいいな!

また面白いソーシャルビジネス見つけたらシェアします!
それでは、またー!
SPONSORED LINK

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット