[目次]

  □ンパマンタ村幼稚園  
    □幼稚園運営に奔走する若者たち  
  
□貧しくても、高い教育レベル  
   
□保育園改善プロジェクト



マズカバンジー!(マラウイの共通語チェワ語で"How Are you?")


日本の幼稚園では、近年待機児童が問題になっていますよね。

一方でマラウイの村の幼稚園は、どんな問題を抱えているのか?


マラウイの幼稚園は、日本の幼稚園みたいに遊具も積み木も綺麗な校舎もありません。

そんな問題に対し、マラウイの田舎で幼稚園運営に翻弄する若者達がいます。



現在、活動の一環で支援している、そんな村の幼稚園を紹介します!

□ンパマンタ村幼稚園 
幼稚園があるンパマンタ村はマラウイの地方コタコタの中心から、さらに20Km離れた所にある田舎の村。

地方の田舎町にも思えますが、人口17422人(2014年時点)が住む意外と大きな村です。

活気にあふれる週一回のマーケットデー

この街には、5歳以下の子供たちが2962人(2014年時点)もいますが、
その中でも幼稚園に通えてるのは、ほんの数%。

マラウイでは、小学校や中高学校への政府の支援はありますが、
幼少教育にあたる幼稚園の支援は、まだまだ十分にありません。

校舎は藁葺き屋根。地面は土。
雨が降れば雨漏りし、風が吹けば寒すぎて、
雨季はほとんど校舎内で授業ができないほど。

こんな校舎ですが、この幼稚園にはンパマンタ村の子供たち2〜6歳が50人も通っています。
みんな、とても可愛い。
藁のござに座り、授業を受けます。



□幼稚園運営に奔走する若者たち

そんな幼稚園ですが、運営するのは村の有志の若者たちYouth Organaizaionのメンバー。
定期収入が少ない貧しい村人が自身で運営しているので、基本資金はほとんどありません。

Youth Organaizationのメンバー達と幼稚園の子供達

例えば、実質運営者であるMicelは、自身が貧しくて中学校を中退したのに、
中退後村のためにと、幼稚園運営に全力を注いで活動しています。

貧しくても、他の人にも与えられる文化が染み付いている。
マラウイ人の気質には、そんな温かい心が浸透しているのかもしれません。



先生は基本は村人のボランティア。給与などは払われていません。
先生もバックアップするスタッフも、すべて村人の頑張りでなりたっています。


また少ない運営資金をやりくりするために色々工夫しています。

例えば、自分たちで村でディスコのイベントを開き、入場料を活動費に充てたり。
支援してくれるNGOを探して、給食のおかゆの材料メイズを買ってもらったり。

ディスコのイベント。みんなダンスは好きなので楽しそう。

お金がない分、常に運営資金を探しています。



□貧しくても、高い教育レベル
お金も物もない村の貧しい幼稚園ですが、教育はとても行き届いています!
特に英語に対しての教育がすごい。

なんと生徒達、ほぼ全員がA〜Zのアルファベットを言えます。
また、月(1月〜12月)と曜日(月〜日曜日)も英語で言えます。

授業の様子(2016.7)


6歳以下の子供でここまで英語が言えるのはすごい。

英語が話せるか話せないかで、良い仕事が得られるかどうかが決まってしまうマラウイは、
幼少の時から英語に触れ合うことは、とても意味のあること。
村で英語を話せるひとは、高い教育を受けられた実際一握りのひとだけです。

小さい頃から英語が身近にあることで、将来彼らの未来が少しでも良くなる。


お金や物がないことに甘えず、質の良い教育を子供にしているマラウイ人たちは、
本当にすごい。

幼稚園は月ー土曜日、7:30-10:30で行われています。
時間割はこちら。
英語の他に算数も教えています。


また、授業終わりには朝(昼)ご飯も配っています。
食料不足で栄養失調の子供が多い村では、一回のご飯はとても重要。
給食がでることで、子供達が栄養不足になることを防いでいます。

給食のおかゆ(メイズのポリッジ)作る村のお母さん

美味しそうに給食を食べています。

教育+栄養補給という重要な役割を、幼稚園は担っています。


□保育園改善プロジェクト
そんな幼稚園を今後支援していこうと、4つのプロジェクトを計画中!


①幼稚園校舎の再建設
今にも飛んで行きそうなボロボロ校舎の、再建設プロジェクトをします。
お金がないので、現在の校舎は、村人が自分で立てた藁葺き屋根とレンガ作りの小屋。

雨が降れば雨漏りし、風が吹けば寒すぎて、全く授業ができません。
そのため、雨季はほとんど授業がなくなってしまいます。

また泥だらけの土の地面を触った手で、ご飯を食べているので衛生面でも問題あり。
6歳以下の小さな子供たちには、過酷な環境です。


そんな校舎を再建してより良いものにしようと、Youth Organizationメンバーと企画中。
ウォームハートプロジェクトで、現在校舎の再建設を行っています。

完成予定はこんなイメージ。
2016年8月今月から建設スタートです!





②村の図書館作り
市の中心から20Km離れた村には、図書館は一つもありません。
また本屋もほとんどないので、村人にとって活字に触れる機会はとても少ないです。

活字に触れる機会が少ないということは、
  1)外の情報に触れる機会が少ないこと
  2)識字できるひとが少ないこと
に繋がってしまいます。

コタコタの成人の識字率は約60%。
10人に4人の大人は、文字を読んだり書いたりすることができません。

こんな状況を改善しようと、
幼稚園に全ての村人が利用できる図書館を作る予定です!

集めている本


10月上旬頃から「世界の笑顔のためにプロジェクト」を通じ、図書館に収める本を集めています。
その際は寄贈できそうな本があったら、ぜひご協力お願いします!

世界の笑顔のためにプロジェクトについてはこちら
"Smile for All in the World"あなたのやさしさを世界へ 「世界の笑顔のために」プログラム


③運動用具の拡充
物がほとんどない幼稚園。
サッカーボール、なわとびなど運動用具はおろか、
積み木や色鉛筆、黒板なども、全くありません。

授業はいつも物を必要としない歌や手遊びだけ。
もしサッカーボールがあれば子供達の身体能力はもっと向上するかもしれません。
もし黒板があれば、子供達はアルファベットを音だけでなく、書き方を習うことができます。

そんな幼稚園で使える物資も、世界の笑顔のためにプロジェクトで募集する予定です。
図書館用の本同様に、10月上旬ごろよりぜひご協力お願いします!

世界の笑顔のためにプロジェクトについてはこちら
"Smile for All in the World"あなたのやさしさを世界へ 「世界の笑顔のために」プログラム



④アートクラス の開催& 絵画コンクールへの参加
村の子供たち向けに、アートクラスを開けないかと考案中。

日本では幼稚園でお絵かきするのは当たり前ですが、
ンパマンタ村では、普段、ペンと紙がなくてお絵描きをする機会はあまりありません。

アートクラスを開くことで、少しでも視野を広げられないかと考えています。

できれば絵画コンクールに参加してもらって、達成感を持ってもらいたい!




以上、4つの活動を企画中。
今後の進展の様子は、また記事に書きますね。


貧しくても農村の幼稚園で頑張る若者達。
こんなボランティア精神溢れる地元の若者が増えることで、マラウイの農村はどんどん良くなっていくんだと思います。

彼らの活動が報われてほしいと思う毎日です。




青年海外協力隊ブログ村  参加中! 

気に入った方は、1クリック頂けると泣いて喜びます。

世界中で活動する青年海外協力隊員のブログが、気になる方はこちら!

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ 


SPONSORED LINK

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット