アフリカでのビジネスを通じた国際開発について発信する原祥子(はらさちこ)のブログ。
大学時代はBOPビジネスを研究し、その後富士通株式会社で約3年法人営業。「人生は一回しかない!」と本当に好きなことを追い続ける人生覚悟で、青年海外協力隊でアフリカ・マラウイへ。炭ビジネスを立ち上げ、村人の収入向上活動に2年間従事。その後、サセックス大学院IDS(英)で途上国ビジネスを学ぶ。

青年海外協力隊の経験、イギリス大学院での学び、ICTを使った国際開発、アフリカでのビジネスを使った開発などを綴ります。

好きなものは、バックパッカーとヨガとミスチル♪(バックパッカー27か国、海外滞在4か国4年)
Afri-Quest.com,The Povertist-途上国の貧困と開発を深堀するオンラインマガジン-でライターもやっています!

協力隊の悩み・日々思うこと

そら

いよいよ出発の日!あと
6時間で日本を離れます。

2年間日本を離れアフリカへ。協力隊出発の日の率直な気持ちをつづります。

 

 


□アフリカに行く実感が、、ない・・?!


 

いよいよ出発!合格した日から、ずっとこの日を意識してきました。

飛行機で24時間くらいかかる遠い国、なかなか日本帰りたくても帰れません。




 

あれ?なのに、思ったより実感がない・・汗

 

昨日まで実家で過ごしていた生活が、明日も続きそうな気がする。むしろ親や友達が自分以上に寂しがって、心配してくれました。(ありがたい)


 

きっと、マラウイに着いて旅行気分も抜けた23か月後に、日本を離れた実感が襲ってきそう。笑

当たり前が当たり前でなくなったとき、日本の生活が非現実になったときに、きっと寂しさが襲ってくるんだと思います。

 




□協力隊=スタートライン

旗

実感がないという気持ちもありつつ、今はマラウイに行くすべてが楽しみで仕方ありません!!なぜなら、長年思い続けた協力隊の道にやっといけるから。

 

2年以上自分のキャリアに対してあれこれ悩んでいましたが、自分の気持ちに正直になれてやっとやりたいことができる。そのワクワクが半端ないです。

 

 

今日を迎えて、「協力隊にいく!!」と意気込んだ1年前の決心は正しかったのだと思えます。

こんなに未来にワクワクして、自分で2年間を作っていけると思えることは人生そうそうないです。

 





 

昔から自分を奮い立たせてきた、ある大切な言葉があります。



 

“過去は変えられない。未来に何が起こるかわからない。自分が影響を与えられるのは、「今」だけだ。


今、目の前に迫る選択によって、3年後、5年後10年後の未来が決まる。結局は、自分がどう動いたか。“

 



 

今にちゃんと全力を注ぎこんで、神経を研ぎ澄まし、真正面から向かい合う。そうすると、チャンスも逃すことなく掴める。



 

特に協力隊は、会社員のように他人から成果を確実に上げることを求められない活動なので、自己管理が大切です。

実際腐る人は腐るし、このチャンスを最大限使う人はちゃんと使います。



 

自分が今までに学んだこの考えを大切にして、2年間見失わないように、しっかり頑張っていきたいです。



 

 

□感謝の気持ち

ケーキ

2年間長い期間、途上国に住めることはそうそうないでしょう。

行きたくてもいろんな事情でいけない人がいる。この機会が与えられたことに、しっかり感謝したいと思います。

 

また、協力隊に行く準備過程で忘れられないのが、親の理解と協力。

安泰な企業を辞めて、恋人もいなくって、アフリカという危ない場所にいくことを、最初は親にとても反対されました。いきなり「会社辞めてアフリカ行く!」なんて、だれでも反対すると思います。(笑)



 

でも、ちゃんと私の思いを理解して、了解してくれた親は自分の親ながら本当にすごい。


 

私の気持ちを応援してくれた親や友人に感謝を伝えるためにも、しっかり2年間を全力で過ごしたいと思います。そして無事で帰ってきます!



 

 

□私が協力隊に参加することを後押ししてくれた言葉


最後に、私が協力隊参加を悩んでいるときに、友人から貰ったある人の言葉をご紹介。

皆さんの人生の選択の後押しになれば・・と思います。

 

2015、7、11 友人Aさんより



もう一度人生を
やり直せるなら・・・・

今度はもっと
間違いをおかそう。


もっと寛ぎ、
もっと肩の力を抜こう。


絶対にこんなに
完璧な人間ではなく、


もっと、もっと、
愚かな人間になろう。


この世には、実際、それほど


真剣に思い煩うことなど


殆ど無いのだ。


もっと馬鹿になろう、


もっと騒ごう、


もっと不衛生に生きよう。


もっとたくさんのチャンスをつかみ、


行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。


もっとたくさんアイスクリームを食べ、


お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。


もっと本当の厄介ごとを抱え込み、


頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。


もう一度最初から


人生をやり直せるなら、


春は
もっと早くから裸足になり


秋は
もっと遅くまで裸足でいよう。


もっとたくさん冒険をし、


もっとたくさんの
メリーゴーランドに乗り、


もっとたくさんの夕日を見て


もっとたくさんの
子供たちと真剣に遊ぼう。


もう一度人生をやり直せるなら・・・


だが、見ての通り、
私はもうやり直しがきかない


私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?


自分に規制をひき、
他人の目を気にして、


起こりもしない
未来を思い煩っては


クヨクヨ悩んだり、


構えたり、


落ち込んだり ・・・・


もっとリラックスしよう、


もっとシンプルに生きよう、


たまには馬鹿になったり、


無鉄砲な事をして、


人生に潤いや活気、


情熱や楽しさを取り戻そう。


人生は完璧にはいかない、


だからこそ、生きがいがある


ピータードラッカー(享年95歳)

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめまして。さちこと申します!

平成27年1月からアフリカへ青年海外協力隊に派遣される予定です~。


まずは簡単に自己紹介から!
2015年9月末まで某IT企業で営業OLとして働いていましたが、
意を決して会社を辞めて協力隊にいくことにしました!
(会社を辞める決断をするまで、相当かかりました。)

協力隊受けるにあたって、多くの先輩 協力隊ブログ作成者に助けられてきました・・!
「協力隊ってなんだ?」という応募前の悩みから、
「どうやったら選考で上手くいくんだ?」という選考時の神頼みまで。。

現在は2016年1月の出国を待つ身ですが、
赴任前の不安を先輩ブログで解消しています!w

ということで、私も次に繋ぐという意味をこめ、
ブログはじめました。

これからどんどんUPしていきます!
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ